マミーズタミー プロジェクト 

 

居・医・食・職 どれも不可欠! ワンパッケージとして取り組もう!

居医
食職

【 最優先事業計画 】

被災地の病児や生活困窮世帯の、安全な居場所と
生活をサポートするためのシェアハウスの運営。

3.11の震災後、放射能汚染に不安を持ちながらも、経済的理由などにより、放射線量の高い地域からの移動ができずにいる子育て世帯も多く存在します。マミーズタミープロジェクトでは、特に病児や体の不自由な子供を持つ世帯などを優先して、放射線量の低い福島県内外の民宿やペンションの廃棄跡地を再利用し、シェアハウスと移動保育や障害者の活動の場などのコミュニケーションスペースを創出・運営しています。

 
>>アクションプラン

 

 

Shelter, medical care, food & jobs……..these are essentials to life and welness.

sheltermedical care
foodjob

<< OUR TOP PRIORITY:OUR COMMITMENT >>

Provide a sharehouse for tsunami survivors and support for sick children and the less fortunates.

In the wake of 3/11 disaster, many people are worried about radiation exposure and it’s health effects, yet some are still unable to relocate due tofinacial reasons and among others. We, mammy z tummy project, are commited to help those who have small children with disabilities and other health issuesto relocate to our sharehouse where radiation is low, and be active and communicate with each other.

 
>>Action Plan

 

copyright @Mammy z Tummy
Fukushima JAPAN